バンクイックでもあり得る利用停止

利用の仕方を間違ってしまえば銀行のバンクイックでも利用停止はあり得ます。
利用停止とはすなわちこれ以上の貸し付けはできないというもの。
限度額に余裕があってもその範囲の中でさえも借り入れをすることができませんし、残されているのは返済だけです。

どんな時に利用停止という厳しい状況になるのか、みてみましょう。

一番大きな理由になるのは返済の遅延、そして次に多いのは収入証明書類の未提出です。

返済が遅れること、ないことではありません。
しかし連絡をしたうえでの数日程度であったり、返済の期限から送れることが予測されているのであれば返済日の変更を依頼して遅れる、これであれば重要視されることではありません。
基本的に返済の遅延で悪質と判断されるのは3か月を目安としている傾向にあります。
3か月も返済が遅れたら悪質で充分でしょう、返済する気があるとは思えない期間です。

収入証明はすべての場合において提出しなくてはならないわけではありません。
三菱東京UFJ銀行バンクイックでは融資限度額を100万円以上希望する場合に収入証明の提出が必要であるとされていますが、このように銀行では独自に収入証明を提出するラインを決めることができています。
一方消費者金融は独自に決めることはできずに総量規制によって決められています。
収入証明が必要な金額として50万円が決められています。
他にも他社からの借り入れが100万円以上になるときには必要になります。
収入を証明することができないとき、これ以上の新しい借り入れをすることができなくなります。